占い師の仕事は大変?やりがいや仕事内容と年収について徹底解説

Yumeka 占い師 仕事 大変 占いの勉強法

占い師を仕事にしたいと思ったあなた。きっかけは占いが当たっていた。占いが好きだから、など様々だと思います。

しかし、やりがいや仕事内容も気になるところですが、仕事はどのくらい大変なのか、不安に思いますよね。

占い師は楽しくできるだけの職業ではありません。相談者から「ありがとう」「相談してよかった」と感謝の言葉を言われることも多い反面、意に沿わない占いの結果が出た場合には話を聞いてくれない相談者もいます。

この記事では、占い師の仕事のどの部分が大変なのか、またやりがいや仕事内容についても私の経験を交えて詳しくお伝えします。

最後までお読みいただければ幸いです。

占い師の仕事はどこが大変?本音を暴露

Yumeka 占い 大変

占い師として仕事を始めるときに、一番大変なことはこちらの2つです。

・結果を伝える言葉選びが難しい
・友好的でない人にも必要な言葉を伝える努力が必要

 

相談者の望まないつらい結果を伝える必要もある

相談者は、「背中を押してほしい」「運気を上げるアドバイスが欲しい」と思い、占い師にアドバイスを求める場合があります。

そんな相談者にたいして、占いの結果によっては予想外の結果を伝える必要もあります。
伝え方に配慮しないと、相手を傷つけてしまうこともあります。

言葉遣い、相手への思いやりは常に持つ必要があります。

私はまだ経験が浅く、身近な人の占いをメインで行っているため、傷つくような内容はあまり経験していません。
しかし、先輩の話を聞くと、意に沿わない占い結果をお伝えした時に、大声で怒鳴られたりしたことがあるそうです。

そのお話を聞いた時に、占い結果を伝えるときには、相手を思いやって丁寧にお伝えする必要があると思いました。

占いは絶対に当たると相談者からの過大評価がある

占いは基本的に当たらないと意味がありません。結果が大きく外れていては、占い師の信用はなくなります。

そのため、相談者の相談内容をきちんと聞きながら、占い結果を判断していく必要があります。
どうしても、一人あたりにかかる時間は長くなるので、精神的にも体力的にも消耗します。

人数をこなすことが難しいと感じることもあるでしょう。

私の先生のお話では、「占いは絶対ではない」という部分をきちんと相談者の方にお伝えすることが大事です。
相談者の方のお心が少しでも楽になるようにアドバイスができるよう、お伝えすることが大事だとおっしゃっています。

 

占い師になってよかった!仕事のやりがいはこれ

Yumeka 占い 大変 タロット

・人の幸せのお手伝いを出来ていると感じること
・相談者に元気になったといってもらえた
・自分にもできる仕事があるとわかった
・自分を占えるようになって危機管理できるようになった

占い師になってよかったことは、やはり相談者の方の笑顔です。

真剣に悩んで相談している相談者の方が、あなたの占いによって「ありがとう」と笑顔になって帰っていく。
また、再来していただき、「あの時の占いのおかげだよ」と言われる。それは一番うれしいことですよね。

また、自分の占いに自信が持てること、固定客が付いて収入も上がっていくと、頑張ろうと思うことができます。

私も早く一人前の占い師として、頑張っていきたいと思いました。

 

【占い師】仕事の内容は?

占い師という職業は、「占い」によって人を幸せに導く仕事です。
カウンセラーのような仕事になることが多いでしょう。

働き方としてはこちらが主になります。

私は、対面での対応しかしたことがありません(知人)。

・自宅で電話占い(メール占い)
・対面占い
・対面占いに勤務しつつ、体験鑑定が空いている時間は電話占い

先輩に聞くと、電話占いが中心になる働き方が多いようです。

私の入っている松樹会では、手相修正(特許取得)ができるため、完全予約制の出張対面占いが人気になります。
宿命宮占いで運気を占い、手相修正でよい線を作る、この2つをメインで占いを行います。

占いではなく、悩み相談で話を聞いてほしい相談者の場合

占いだけでなく、ただ話を聞いてほしい、だれかに愚痴をぶちまけたい、そんな相談者の方もいらっしゃいます。
どちらかというと、ほとんどがそういう人のほうが多いと思います。

長々と話される方もいらっしゃいますが、コミュニケーションを取り続ける必要があります。
知っている占い師の方は、半日以上電話対応していたという実績をお持ちの方もいらっしゃいました。

私は、まだ電話対応の経験はありませんが、周りに言えないお悩みを抱えている方が多いと感じました。

占い師として人には言えない重い相談系(恋愛)を聞くのは仕事でも大変なときも

お金を払ってまで「占い」を利用する相談者は、「人には言えない重い恋愛系の悩み相談」をしたい女性が多いです。

「これからの運勢どうなりますか?」のように軽い内容の占いももちろんありますが、誰にも打ち明けられない悩みだからこそ、占い師に相談するのです。
そのため、相談を受ける占い師もメンタルがきついと感じるくらい重たい内容の相談が中心となることが多くあります。

先輩占い師は、泥沼恋愛のお悩み相談を受けて、人間関係の複雑さと精神的に参っている相談者のご相談内容を聞き、ただただ話を聞いてあげることしかできなかったとおっしゃっていました。

ただ、恋愛系はリピート率も高く、電話利用時間も長くなりがちなので、売り上げ貢献度は高くなるそうです。

電話占いで忙しい時間帯はいつ?

先輩占い師によると、電話占いで忙しい時間帯は、夜~夜中になるそうです。
やはり、眠れず誰かに相談したいと思って電話をかけてくる相談者の人も多いのでしょう。

しかし、自分でやるときには無理せず家庭やWワークを考えて対応しないと、身体や精神に不調をきたしてしまいます。

無理せず、自分の入れる時間帯に入って相談者の相談対応をしてあげましょう。

占い師の年収は?時給はどのくらい?

Yumeka 占い 年収

占い師は副業で行っている人が多いのが現状です。

私は電話占いをしていないので参考例としてお伝えしますが、電話占いの場合、占い師の取り分は1分50円~のスタートです。

1人20分の相談にのると1,000円なので、時給3,000円のお仕事になります。
1日に5人の相談者に約20分の電話相談にのった場合は、日給5,000円になります。
月に20日働くと月収100,000円 年収120万円になります。

さすがに、この月給では生活するには不安があります。
ただし、5人×20分なので、実労働時間は1日1時間40分になります。
これだと、副業としては十分な額になりますよね。

人数が増え、経験が増えていくと電話の取り分は60円、70円、100円と上がっていくので、日給もどんどん上がることになります。
本業の収入を上回るくらいになり、時間のやりくりが難しくなってきたら、またどうするか考えたらいいでしょう。

 

まとめ

「占い師の仕事は大変かどうか」と聞かれると、人の相談に関する仕事なので簡単ではありませんと私は答えます。

相談者の相談内容を真摯に聞く
言葉を選んで慎重に占いの結果を伝える

このことを常に意識する必要があります。

しかし、誠実に対応すれば「先生に相談してよかった」「先生の占い当たってた」と喜びのお声もいただき、占い師をやっていてよかったという充足感も得ることができます。

ただ、占い相談の時給は3,000円と高単価です。
もちろん、最初の間は相談者からの連絡を待つことが多くありますが、徐々に固定客を増やしていき、収入が増えていくことも期待できる職業になります。

占い師を検討しているあなたの、後押しになれば幸いです。